葬儀を東京で行う


首都である東京では毎日多くの人が亡くなり、葬儀が至る所で執り行われています。事故や病気など、人の死というものは予測がつかないため、万が一の時に備えて葬儀の事前相談をしておくと安心です。
例えば東京をはじめ、全国にたくさんの加盟店がある「互助会グループ」では毎月わずかな掛け金を積み立てていくことで会員価格で葬儀を執り行うことが出来る上に、各種サービスを会員特別サービスで受けることも可能です。契約者本人以外でも、同居している家族も同様のサービスを受けることが出来るため大変経済的です。
また、遺言や相続に関する問題などを抱えている場合は、問題解決に向けたアドバイスを受けられる無料相談サービスも利用できるため、事前相談をしっかりと行い家族に負担をかけない葬儀を執り行うことが可能になります。
また、毎月の積み立てが不要で入会する時に入会金だけを支払って会員となり、葬儀料金の割引や事前相談などのサービスを受けられると評判なのは「公益社」です。入会金わずか1万円を支払うだけで契約者と2親等以内の家族が何回でも割引サービスを利用することが出来て、事前相談や生前予約にも対応してくれます。
シミュレーションでコンピュータを利用して実際の祭壇イメージなどを把握することも出来るため、自分の予算や価値観に応じた葬儀が執り行うことが出来て、残された遺族の負担を少しでも軽くすることが期待できます。
もちろん東京には星の数ほども葬儀会社があるため、他の会社でも事前相談を行う事が出来ますが、大切なのは自分が信頼して依頼できるような会社であるかどうかという点です。

東京の葬儀での香典のルール
東京の葬儀での香典のルールですが、地方の場合と異なり、そんなに特殊なものはありません。
ただし、注意しなければならないのは、業界ルールでしょう。わかりやすい例で言えば、芸能人関係であれは自ずとその業界としてのしきたりがあるということですし、主に高収入が通常である業界では、それなりにルールめいたものがあることです。
それと、親戚関係については、東京であろうと地方であろうと、あらかじめ決められたルールがあることがあるので、年配者に確認するのが賢明でしょう。
これらに気をつければ、あとはそんなに難しいことはありません。金額相場が一番気になるところですが、通常の香典は5千円か1万円、特に親しい間柄であれば2万円といったところでしょうか。
配慮しなければならないのは、葬儀に参列するだけであれば、相場金額を承知しておくだけで十分ですが、清めの席とか特別に用意された席へのお願いがあるようなときは、その分プラスの費用が掛かっていることに注意が必要です。
1万円を用意しておけば、大方事足りますが、特別の席の費用は通常でも4~5千円はかかりますので、ご遺族に余計は負担をかけないよう、香典にプラス意識を持って対応することでしょう。
念のためですが、お通夜のときにも、ご遺族から残って個人のためににぎやかになどとお願いしますなどとお誘いを受けることがありますが、長尻は禁物です。これにも少なくても一人あたり3千円はかかることは意識する必要があります。
故人への近さとお金の関係をきちんと意識することが、東京でのルールと言えばルールでしょう。